院内設備

動物の状態を正しく客観的に判断すること、手術の時間を短くすること、苦痛や副作用の少ない治療をできること、などの目的で院内の設備を充実させています。

手術室

人工呼吸器付麻酔器(ドレイゲル)、LED無影灯(デネブ)、モニター(日本光電)、電気メス(ERBE)、マイクロサージェリー顕微鏡(TOPCON)医療ドラマにも登場する機器です。

レントゲン室

動物用デジタルレントゲンを導入しています。
わずかな時間で確認ができ、専門病院とのデータ共有も可能です。

入院室

犬用入院室・猫用入院室・隔離室を完備。 隔離室にはTVカメラを設置し、院内のモニターや携帯電話などで常に様子を確認することができるようになっています。 犬・猫入院室はマジックミラーの小窓付き。いつでも飼い主さんに入院中の愛犬・愛猫の様子を見ていただけます。


動物用超音波手術器

組織の破砕、乳化・吸引、骨の切削などの手術が低侵襲で行えます。
神経・血管・硬膜を安全に温存できるため、椎間板ヘルニアの手術や肝臓の腫瘍切除などに用います。

超音波診断装置

心臓や腹部臓器を詳しく検査します。

眼底カメラ
(クリアビュー)

短い時間で眼底の撮影ができ、動物のストレスを軽減します。また、飼い主さんも眼底の状態をよく見ることができます。

ハンドスリット

眼の様子を拡大して観察・検査する機器です。眼の表面(角膜・結膜など)や白内障の検査に用います。

近赤外線光線治療器
(ハイパー5000)

近赤外線光線治療器は主に疼痛管理や創傷治癒促進に用います。照射のレベルを変えることで腫瘍に対する光線温熱療法や免疫療法をおこなうことができます。

ドライケム
(血液生化学検査機)

主に血糖値や肝臓・腎臓などの内科疾患の検査に用います。

血球計算機

貧血や白血球数を検査します。

血ガス分析装置

血液に含まれる酸素や二酸化炭素の量、pH値などを測定します。

血液凝固分析装置

正常な血液凝固に必要な各種タンパクの機能の測定をします。